エスケープナビゲーション
  • お問合わせ
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報

ニュース&トピックス

ニュース詳細ニュース一覧へ

Great Place to Work Institute Japanが実施した、
2014年版"働きがいのある会社ランキング"調査にて第2位に選出

~評価項目である「信用」、「尊敬」、「公正」、「連帯感」、「誇り」の
  5つ全てにおいて評価が高まり、昨年度よりランクアップ ~

株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、Great Place to Work Institute Japan(以下:GPTW)が実施した、2014年版"働きがいのある会社ランキング"調査にて、第2位に選出されました。

ワークスは、2009年の本調査において第4位、その後2010年には第1位を獲得。2011年、2012年は第2位、2013年は第4位に選出されております。
今年度においては従業員アンケート等の結果をもとに、報酬体系を含む社内制度や職場環境における様々な改革に取り組んだ結果、社員からの高い支持を得て、第2位にランクアップ。6年連続で4位以内と上位にランクインし続ける結果につながったものと考えております。

今回の調査においては、GPTW が考える「働きがいのある会社」世界共通基準の構成要素である、「信用」、「尊敬」、「公正」、「連帯感」、「誇り」5つ全てにおいて昨年度よりもポイントがアップしました。
特に経営層と従業員間の「信用」が高く評価され、14の調査項目のうち12項目において前年度を上回りました。

ワークスアプリケーションズは、「日本のクリティカルワーカーに活躍の場を」という企業理念のもと、従業員に働きがいを感じながら、能力を最大限発揮できる興奮するフィールドを提供しています。
それにより、さらなる社会貢献につながる製品、サービスを生み出し、もう1つの企業理念である「日本企業の情報投資効率を世界レベルへ」を実現し、より一層お客様の情報投資効率向上に貢献してまいります。

Great Place to Work Institute および
Great Place to Work Institute Japanについて

GPTWは、毎年世界45ヵ国以上で「働きがいのある会社」の調査を世界共通の基準で調査分析、評価を行い、有力メディアで「働きがいのある会社のランキング」として発表しています。米国では、この「働きがいのある会社」リストに名を連ねることが、「一流企業の証」と受け止められており、1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されています。参加企業は45ヵ国で5500社を超えており、200万人を超える従業員が調査に参加する世界最大規模の従業員意識調査です。

Great Place to Work Institute Japanは2007年より本調査、発表を開始。8回目となる今年(2014年)は、209社が参加。うち従業員数1000名以上の企業から基準に達した20社の「働きがいのある会社」が選出され、ワークスは第2位に選ばれました。(従業員数100~999名の企業は30社、25~99名の企業は20社選出)

※「2014年 第8回 日本の『働きがいのある会社』リスト
  http://www.hatarakigai.info/ranking/index.html




この件に関するお問合わせ
株式会社ワークスアプリケーションズ
経営企画 担当:渡辺聡子
TEL : 03-6229-1203 FAX : 03-6229-1201 Eメール : pr@worksap.co.jp
Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、「Adobe Reader(無料)」が必要となります。
左記のリンク(アイコン)をクリックしてインストールしてください。

お問合わせ 資料請求

過去のニュース

COMPANYのコンセプト