エスケープナビゲーション
  • お問合わせ
  • サイトマップ
  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報

ニュース&トピックス

ニュース詳細ニュース一覧へ

新卒の半数が、グローバル採用にて入社

~全社員に海外で働く機会を与えていく(CEO訓示)~

株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)は、2014年卒採用にて、海外での採用を昨年より強化し、中国やインドだけではなく、シンガポール、台湾、香港、イギリスでの採用を実施しました。今後、国内外を併せて迎え入れる約250名の新入社員のうち、今年初めてその半数がグローバル採用からの入社となります。

本日4月1日は、136名を新卒入社者として迎え、本社(東京都港区)で入社式を開催し、 当社代表取締役CEO牧野正幸が新入社員に向けて激励のメッセージを送りました。


「海外で戦える人材へ、自分の成長に集中してほしい」
当社代表取締役CEO牧野正幸の訓示(抜粋)


本日の入社にあたり、この会社を選んでくれてありがとう、と伝えたい。我々を選択してくれて大変嬉しく思っています。ワークスアプリケーションズはシリコンバレーのように、社員が刺激しあい新しいものを世の中に生み出し、自分が絶対成長できるぞ、という会社を創りたいと思って設立しました。当社はこれから一気に世界に向けて事業を拡大していきます。その中で、みなさんに期待していることをお伝えします。

1、 全社員に海外で働く機会を与えていく
本日は、グローバルで採用した人が上海でも入社式に参加しています。そして夏以降、インド、シンガポールで採用した人材も入社してきます。全員がみなさんの同期です。彼らは、世界でトップクラスの大学を卒業し、ポテンシャルも高く成長に貪欲です。みなさんにはそんな同期たちに負けずに切磋琢磨して成長してほしい。そのためにも、全社員に海外で働く機会を与えるべく、これから多くの社員をどんどん海外に送り込んでいきます。みなさんも海外に積極的に出てください。より早く成長し、世界で通用する人になってほしい。

2、 アウトプットじゃない、成長を要求している
ここにいる人は、採用の過程でクリエイティビティの素養をじっくりと時間をかけて見極めました。それを伸ばすには、苦しい状況に身をおいて、問題に取り組んでいくことが必要です。小さなアウトプットを要求しているわけではありません、成長を要求しています。今日から始まる新人研修は、座学やビジネスマナーを教えるためのものではありません。徹底的に考えて、努力しない人は突破できないくらい難しい課題を与え続けるので、自分の成長だけに集中して早く突破して欲しい。そして研修後も難しい問題に積極的に立ち向かい、海外で戦える人材へと早く成長してください。

株式会社ワークスアプリケーションズ
代表取締役CEO 牧野正幸


この件に関するお問合わせ
株式会社ワークスアプリケーションズ
広報 (担当: 鶴田・殿岡)
TEL : 03-6229-1231 FAX : 03-6229-1202 Eメール : pr@worksap.co.jp
Get ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、「Adobe Reader(無料)」が必要となります。
左記のリンク(アイコン)をクリックしてインストールしてください。

お問合わせ 資料請求

過去のニュース

COMPANYのコンセプト